産業アライアンス研修 I 「産業界への貢献」

≪ 「イベント情報」に戻る

パネルディスカッション・テーマ

  • 企業・公的研究機関が求める研究人材とは?
  • 博士号取得者の採用に関する産業界の考え方は?
  • 大学の研究者は今後どのように産業界に貢献できるのか?
日時 終了いたしました。
2007年1月20日(土)  13:30~15:30
会場 早稲田大学 大久保キャンパス 55号館S棟2F 第4会議室
コーディネータ

勝田 正文
(早稲田大学 理工学術院 教授、産学官研究推進センター センター長)

パネリスト

三枝 信雄
(日産自動車株式会社 技術企画部 主管)

福本 亮
(株式会社東芝 電力・社会システム技術開発センター 企画・管理室 室長)

山本 雅一
(株式会社日立製作所 生産技術研究所 副所長)

宍戸 博
(独立行政法人理化学研究所 人事部次長)

柳下 宏
(独立行政法人産業技術総合研究所 イノベーション推進室 総括企画主幹)

研修風景

参加者アンケートから

  • 民間や独立の研究機関において博士課程終了後の人材がどのように活躍されているのかがわかりました。
  • このようなセミナーを続けてほしい。ポスドクの意識改革としても十分意義があると思う。(自分の立場を客観的に見て、視野を広げる)
  • 大変勉強になりました。今後もどんどん実施してほしい。