就職活動・研究報告で使える
「ロジカルコミュニケーション講座」

≪ 「イベント情報」に戻る

【開催趣旨】

本セミナーは、『論理的コミュニケーション』を10年間でのべ15万人の受講生に提供してきたベテラン研修コンサルタントによるスキル習得セミナーです。『論理的コミュニケーション』の基礎知識から応用、さらには、そのスキルを活かしたプレゼン資料作成術までを講義と演習を交えながら解説・指導します。

日時 終了いたしました。
2007年11月7日(水) 15:00~18:00
会場 早稲田大学 大久保キャンパス55号館 N棟1階 大会議室
(交通アクセス)
内容 ◆セミナー1 15:00~16:20
誰もができる『論理的コミュニケーション』・『分かりやすい話し方』
論理性とは何か。それはプロジェクトを進める上でどんな効用があるのか。
実例や演習を交えながら解説します。実際に演習を体験し、プロジェクトの報・連・相や会議の場ですぐに使える『論理的コミュニケーション』を実感していただきます。

◆セミナー2 16:30~17:50
成功する『プレゼン資料作成の技術』・『分かりやすい文書』
明確かつ適切な情報伝達が要求されるのが、プレゼン資料です。セミナー2では、セミナー1の論理性の理解を踏まえた上で、プロジェクトを提案する上で欠くことのできないプレゼン資料作成のスキルをご紹介します。このスキルを習得することで総合的な提案企画力が身につけることができます。

◆Q&Aセッション 17:50~18:00
講師 株式会社パンネーションズ コンサルティング グループ
代表取締役 安田 正 氏
対象 ポスドク、助手、大学院生、学部生、一般
協力 株式会社パンネーションズ コンサルティンググループ
参加費 無料

イベント風景

参加者アンケートから

  • 発表する場でいつもあがってしまい、失敗することが多かったのですが、あがってしまうのが問題ではなく、作成した資料が発表をしにくくしていたように感じました。これからは全体の構成を考えたうえで作成するようにしていこうと思います。
  • 普段、いかにロジカルに、分かりやすく話すことができていないかということが身にしみて分かりました。
  • 就職活動前にお聞きすることができてよかったです。
  • 演習中心の説得力ある講義に感服しました。英語の大切さとグローバル化への対応を暗に伝えておられたように感じました。
  • 相当の練習を積む必要のあるテクニックかと思っていましたが、すぐに実用になる方法なので大変参考になりました。
  • 今まで論理的なコミュニケーションと言うと、アメリカ式の「結論ありき」な形と思っていましたが、中間の考え方があることを知り、大変勉強になりました。